2004年10月30日
 
糞ほど眠い時はとっても素敵に頭の悪い会話が続くもんです
以下実録・・・
 

遊也殿「あらそーう?ねむれないーの?それはたいへんだねー?ささ、こっちにおいで〜、あっためてあげるからさ〜」
 
ぞうさんごっこしよー
 
遊也殿「ほーら、ぞうさんの鼻が濡れてる場所へ伸びていくよー」
 
こんにちはぞうさんー、ねぇねぇ、のってもいいのかなー
 
遊也殿「 うふうふうふ、勿論OKだよー、ほーら、ぞうさんの鼻が水をじゅるじゅる吸ってるよー」
 
ふにー、あったいかいねぞうさんー
 
遊也殿「おっほっほっほっほー」
 
んー、でも、こぞうさんだねー、んんー
 
遊也殿「ぶもー!そんな事をいう悪い子にはおしおきだー!!」
 
ふあー、わるいこといってないよー
ぞうさんおこるの、めーっ
 
遊也殿「てひひひひひ〜、ごめんよ〜おわびにぞうさんのお鼻を君にすりすりすりすり〜」
 
うにー、ぬるるーん
 
遊也殿「すりすりすりすり、ほーら、ぞうさんのお鼻にキスをして〜」
 
はーい、でもきょうは、このうさぎさんがー、ちゅー
ぱくーん

 
遊也殿「ごわーーーー」
 
キュイイーン!!ガリガリッ!ブシュッ!クチャッ!ギュルルルルッ!
 
遊也殿「ひぃ〜〜!擬音がとてもイヤイヤなん¥〜の〜よ^」
 
うさぎさんは、えんぴつけずりきのうつきなのー
 
遊也殿「キラーコンドームもびっくりだ!」
 
遊也殿ちんこ再起不能のBADEND
 
遊也殿「むきー!」