2005年07月19日
 

新ゲノム発売、おわり(終わるな
 
自分の発言に気を付けようと思った
相手を傷付けるとかの意味でなく、逆
自分を傷つけない為にそう思った
 
私は面識のある人物に対してまず自分から相手を悪くは言わないのだ、思っても封印している
人間付き合いの基本と信じている
言うとすればそれは相手が言った場合にしている、解禁
それでも大抵相手の事を考え、庇うように、フォローを忘れない様にしている
ところがどうも相手や周りの印象が宜しくない、まるで責められる
ずっと何度も何年も何度も「え?なんで?」と悩んでいたが、ようやく1つの結論が出た感じ
それは恐らく自分の発言が他者と違う、印象の根付きやすい言動を基本しているからであり
何かに対する文句もやはり同じ様に相手に強く残るのだという事
もう言えない、言っても無駄、もうトコトン封印し続けてやる
 
もっと今以上のピエロでいよう
そして解禁する時は相手を言い殺すくらいに責めてやる
世の中甘えた奴等ばかりだな
自分のポジションを護りたいが為に他者を悪人にするンじゃあねぇっ!
自分にも非があるかも知れない、とまず考える奴は少ないのか?儂だけか?ありえん
 
誰にも話さない代わりにこう書く事で自分を落ち着かせる事にする
そしてパクマンが不釣り合いな内容に