2006年07月23日
 
遊也殿画
ちくしょう!このマラめ!
 

(遊也殿が送信してくる前にコレを描いてた)
 
遊也殿画
大抵相手を予想して先に描き始めておくンだが今回は絶妙と自賛したいッッ
遊也殿が送信してくる前に描いてたので
うまく流れが噛み合った時は地味に嬉しいものだ



以下酔っぱらい2人組のラリ会話並のログ羅列↓
随所に台詞元ネタがあるンだが全部解る人が居たら惚れるぞ
(噛み合ってんのか合ってないのか、な会話やり取りが好き)
 
儂『おい糞野郎』
遊也『なんだ少佐』
儂『管理人さんはどうだと訊いているッッ』(注:ちょこシスの話)
遊也『もう殆ど覚えてないぜ!』
儂『もうバカ!』
遊也『一週間前に古本屋にもってったからな!』
儂『なぜだ大尉』
遊也『つまらんからだ!』
儂『正論』
儂『チキンサルササンドまずっっ』
遊也『正論だ』
儂『白魚を喰ってる感触ッッ』
儂『なぜだぁぁぁ!!
  新城ぉぉぉぉぉぉ!!!』
遊也『あの人はただしくないぜ。だが、俺たち生き残れるかも知れんぞ』
儂『でも金森死んじゃうって!』
遊也『もう貴方の命令には従えない』
儂『つまり孔明の罠だ!』
儂『ぐっぱ、ぐっぱ
  何を言ってるんだ僕は?』
遊也『諸葛亮いわく はわわ ごしゅじんさま てきがきちゃいました』
儂『明日の昼になっても同じ事が言えるか?』
遊也『わかりました 休みます(丘の上で)』
儂『恥丘だな』
遊也『このスケベ!』
儂『ふうかは えろいな!』
遊也『えろいな!』
儂『あめんぼ えろいな あいうえお!』
儂『もう一度普通の淫絵を描いてみようじゃないか
  描かれ!』
遊也『いやです!』
儂『つまりはこれが
  遊也の許容できる
  淫絵ということだな』
遊也『ああやって切り抜くしかない。エロに酔ってでも』
儂『実際問題として・・・
  数少ない絵描きがいつまでも
  腑抜けていては困るのだ』
遊也『あなたのせいだ!』
儂『うん』
遊也『Σ』
 

ハルヒ(ホスト部)とジュン(ローゼン)を脳内記憶だけで比較すると似てるなという話
あくまで「脳内記憶だけ」な!!